フィラリア薬

投薬する前にフィラリア薬を理解する

 

犬にとってフィラリア症にかかるということは大変なことです。場合によっては生命に危険を及ぼします。ですから、愛犬のためにもフィラリアの予防がなにより大切になってきます。

 

多くの場合、フィラリア薬というと、フィラリア予防の薬を意味しているはずです。フィラリア薬も色々種類がありますし、フィラリアの幼虫を退治するだけでなく他の病気の予防効果も含まれた薬も存在します。まずはフィラリア症とフィラリア薬に関して理解しなければなりません。

 

フィラリアはフィラリアにすでにかかっている動物から血液を吸った蚊が他の動物の血液を吸うときに感染します。ですから、フィラリア薬は蚊がいない場所では必要ないとも言えます。

 

空気感染ではなく、蚊を介して感染してしまうので蚊が居ない場所では感染するということはまず考えられません。だからこそ、フィラリア薬の投薬のタイミングは蚊を見かけてから1ヵ月後に開始、などと言われているのです。

 

なぜ、蚊を見かけてから1ヵ月後なのか。蚊を介してフィラリアの卵を摂取してしまった犬の中で卵が幼虫になるのには約1ヶ月かかります。この幼虫になる前、卵の状態のときにフィラリアの薬を投薬しても効果は期待できません。ですから、蚊を見かけてから1ヵ月後なのです。

 

また、フィラリアの薬は投薬から1ヶ月間効果が持続しているわけではありません。投薬して約24時間くらい効果があるのです。この24時間で幼虫を退治して犬の健康を保つのです。1ヶ月ごとに投薬というのは、その期間であればフィラリアの卵が幼虫になった段階で退治できるからです。

 

1ヶ月ごとにフィラリアの薬を使っていれば、フィラリアの幼虫が成虫になる可能性はかなり低くなります。だからこそ1ヵ月ごとなのです。

 

フィラリアの薬は投薬する期間が長ければ長いほど家計に負担がかかってくるかもしれません。もちろん、住居がどこかによって投薬期間が短くなったり長くなったりするでしょう。全ては蚊が発生しているかどうかに左右されるからです。

 

費用面で負担に思っているのなら、フィラリアの薬を自分で探して購入してみるのも一つの手です。恐らく、費用を抑えることができるのではないでしょうか。そのためにも、フィラリア薬に関してはきっちりと理解を深めておく必要があります。

 

参考サイト→フィラリア薬