フィラリア薬

喜んで食べてくれるフィラリア薬

 

2頭のチワワ(オス・メス)がいます。最初にフィラリア薬を動物病院にもらいに行った時、「半年間効用のある注射」、「月1回服用させる飲み薬」、「首に滴下する薬」がありますと言われました。

 

注射タイプはまだ病院で扱いを始めて間もないとのお話でしたので、以前飼っていた犬と同じ飲み薬タイプのフィラリア薬をお願いしました。飲み薬タイプにも「錠剤」「チュアブル」がありジェネリック薬も出ているそうです。

 

最初は、効力の高さと値段との兼合いでジェネリックである「イベルメック」のチュアブルタイプを出してもらいました。骨型のかわいいジャーキーのようなお薬です。メスの方は食べるのが大好きな子なので、むさぼりつくように食べてくれました。

 

オスの方は初めてのものに警戒する子なので、少し慣れれば食べるかと思いましたが結局食べませんでした。仕方なく再度動物病院へ行き、ジェネリックではない「カルドメック」のチュアブルタイプを出してもらいました。こちらはキュービック型のジャーキーの塊のようなお薬です。

 

やはり最初は警戒していましたが、その後は喜んで食べてくれました。「カルドメック」の方が「イベルメック」より1個125円割高でした。フィラリア薬は予防薬ですので効き方が目に見えてはわかりませんが、2頭とも投薬後の異変などはありませんでした。

 

感染している状態でのフィラリア薬の投与は命の危険があるそうですので、事前の検査は必ず必要です。また1度でも投薬を忘れるとフィラリアに感染する可能性が高くなってしまいます。

 

せっかく続けていた投薬自体が無駄になってしまいますので、忘れずに決まった日に与えるようにカレンダーに記入して管理しています。インターネット通販では、同等のフィラリア薬を動物病院よりも格安で販売しているようです。

 

1年間で7回も飲ませる薬ですし毎年のことですので少しでも安く抑えたいという気持ちもありますが、我が家は健康診断も兼ねて動物病院で検査と処方をお願いしています。